笠岡市介護者の会地域福祉係 62-3507

笠岡市介護者の会(愛称:そよ風の会)では,月1回の集会、旅行等を計画し、在宅で介護されている介護者がお互いに交流できる場を設け、介護者の身体的・精神的な負担を軽減し、心身のリフレッシュを図ることを目的として活動しています。

申込

対象者 笠岡市に在住する家族介護者
会費 年間1,000円
申込方法 申込書(こちらのページにあります)にご記入の上、郵送もしくはFAXにて社協までお申し込みください。

笠岡市老人クラブ連合会

活動の目的

仲間づくりを通して、生きがいと健康づくり、生活を豊かにする楽しい活動を行うとともに、その知識や経験を生かして、地域の諸団体と共同し、地域を豊かにする社会活動に取り組み明るい長寿社会づくり、保健福祉の向上に努めることを目的とします。

運  営

クラブ活動の財源は、会員の会費と県や市、社協からの助成金によって運営を行っています。

事業計画・予算

活動事例 健康づくり介護予防

笠岡市老人クラブ連合会では、各地域での介護予防のため各種団体と協力して100歳体操を市内各地で広げていっています。

老人福祉法における「老人クラブ」の位置づけ

老人クラブは、昭和38年8月に施行された「老人福祉法」において、「老人福祉の増進のための事業」として位置づけられています。

第13条 地方公共団体は、老人の心身の健康の保持に資するための教養講座、レクリエーションその他広く老人が自主的かつ積極的に参加することができる事業を実施するように努めなければならない。
2 地方公共団体は、老人福祉を増進することを目的とする事業の振興を図るとともに、老人クラブその他当該事業を行う者に対して、適当な援助をするように努めなければならない。