地域包括支援センターについて

地域包括支援センターは、地域における介護相談の最初の窓口です。
高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支援します。
(社協では、笠岡市から委託を受け、地域包括支援センターを運営しています。)

電話番号 0865-62-6662
ファックス番号 0865-62-5702
時間 月~金 8:30~17:15(祝日以外)

主な業務

① 高齢者の相談に関すること

人それぞれによってどうすればより良い生活が出来るかは異なります。高齢者やその家族、地域住民から高齢者の介護に関する悩みや医療・生活などさまざまな相談を受け、相談支援を行います。

  • 高齢者にやさしい支援サービスの情報誌 『くらしサポート手帳』はこちら

② もの忘れ・認知症に関すること

  • もの忘れや認知症の相談を保健師等がうけています。
  • 認知症についての出前講座やセミナーを地域で行っています。
  • 認知症になり行方不明になった時に、地域や協力機関へ行方不明者情報が配信し、多くの方に協力を呼びかけ、早期発見、早期保護に繋がるための「認知症ひとり歩きSOSネットワーク」があります。
  • 認知症の方、家族の方が地域で安心して暮らせるまちにむけて、地域住民や専門職、行政とともに取り組みやネットワークづくりを考えています。(笠岡市認知症施策連携推進会議)

③ 介護の予防(高齢者の元気づくり)に関すること

④ 要支援1・2の認定を受けた方に関すること

生活機能・心身機能などを把握し、自立に向けた介護予防ケアプランを作成します。
(要介護認定において、要支援1・要支援2と判定された方や、介護や支援が必要になる可能性のある方が対象となります。)

介護予防ケアマネジメントの流れ
アセスメント ご自宅に伺ってご本人の状況をお聞きします。
介護予防ケアプランの作成 サービス担当者会議(利用者・家族、サービス事業者等が出席)を
開催し、目標、具体策、利用サービスなどを決定します。
サービスの実施 サービス事業者が介護予防ケアプランに基づき、
効果や支援が適切かを確認しながら、サービスを提供します。
評価・見直し サービス事業者からの実施報告に基づき、
介護予防ケアプランの評価・見直しを行ないます。

⑤ 高齢者の権利を守ること

  • 様々な理由によって高齢者への虐待が発生している場合があります。
    虐待に気づけるアンテナが高い程、高齢者虐待の早期発見や防止に繋がります。地域包括支援センターまでご連絡をお願いします。
  • 高齢者を狙った様々な詐欺や悪質な訪問販売が増えてきています。必要に応じて専門機関(消費生活センター)等の紹介をします。